コメエトのプラモ製作記

初心者モデラーのプラモデル製作記

驚異の100円!セリアの「塗るガラスフィルム」を試してみた


番外編...みたいな感じです  プラモ製作記とは

コーティング剤は剥げてくる

自分はGALAXY S8を愛用してますが少し問題が出てきました...
フィルムをつけない裸運用をしてきたのですが画面下側のコーティングがどうも剥げてきてしまったようで指の滑りが悪くなってきてしまいました。
誤ってツールクリーナーとかラッカー溶剤とかをこぼしてしまったのも原因でしょう。
ともかくスマートフォンで指の滑りが悪いというのはかなり不便です。
コーティング剤を買おうと思ってAmazonで調べてみたところ

コーティング剤は結構高い

f:id:rice_comet:20191203102014j:plain:h310
2000円ってマジかよ
プラモ関係で金が飛んでく自分にとってすぐに買うのは厳しい金額
でもスマホは日常的に使うもの
操作はできるだけ快適な方が良いのも事実

セリアで発見

そんな中なんとなく立ち寄ったセリアであるものを見つけてしまいました
f:id:rice_comet:20191203101257j:plain:h310
こいつです
速攻で購入を決意
値段はもちろん100円

内容物

f:id:rice_comet:20191203102209j:plain:h310
ウエットシート&ドライシート,コーティング剤,マイクロファイバークロス が入ってます
作業はこのセットだけでできるのはなかなか良いです
裏側には説明が
f:id:rice_comet:20191203104545j:plain:h310
この通りに作業すれば失敗することはまずないです

作業工程

まずウエットシートでコーティングする面を拭きます
f:id:rice_comet:20191203102932j:plain:h310

ウエットシートもドライシートもこのサイズ
吹き終わったらコーティング剤の出番です
f:id:rice_comet:20191203103120j:plain:h310
この容器 何気にガラス製らしく結構質感が良いです
中には白っぽい液体が入っており2〜3画面分くらいはコーティングできそうです
これをコーティングする面に5〜8滴垂らします
ある程度等間隔で垂らすと良いかもしれないけどこの後広げるので適当でいいのかも

垂らし終わったらドライクロスで広げます
コーティングしたい面にしっかりと広げましょう
多少むらがでてしまうかもしれませんが問題ないです
そんで10分程放置
ホコリがつかないように何かで覆いをした方がいいかもしれませんね
自分は適当なプラモの箱で覆っておきました

10分経つとコーティング剤がある程度固まります
ここで最後の作業 マイクロファイバークロスで磨いてきます。
コーティング剤を塗った面を軽く吹いていきます
すると余計なコーディング剤が拭き取れてきます
通常のスマホクリーニングクロスとかメガネクロスでも出来ると思います

コーティング後の操作感

コーティングが剥げたとこの滑りの悪さはかなり改善しました
コーティングが生きてる上部と変わらない感じで操作できてます
表面でも裏面でもコーティングできるのも良いです

ガラスフィルムにも使える

サブ機のiphone5の保護用ガラスもコーティングしてみました
保護ガラスはこれ
f:id:rice_comet:20191203105447j:plain:h310
これもセリアで購入しました
100円の割に端が丸く加工されておりよくできているものの指の滑りは悪いです
こいつも同じ手順でコーティング
問題なく使えてます

注意点

パッケージの注意書きには

  • コーティング後24時間は水分の付着を避ける
  • コーティング剤は使い切る必要がある

とあるので気を付けた方が無難でしょう
またこの製品の硬度(実力値)は3H
Amazonで2000円くらいで売ってるものは9H
と結構差があります
そこらへんは価格相応っぽいです

結論

100円という価格でここまでできるのはかなり良いです
非常におすすめです